保育システム


一般社団法人タオイストジャパンが主催するワークショップやセミナーでは、
受講者の方々が真摯に学ぶスピリチュアリティと、日々の暮らしが一つの
美しい織物として創られていくことを目指しています。

そのため、ワークショップ中の参加者のお子様の有志ボランティアによる
託児を積極的に行っております。

子供たちは、大勢の大人の中で見守られ、育てられ、サポートを受けながら、
普段よりも多様な経験をくぐり抜けることになります。
お母さんが生き生きとして輝いている時間を過ごしていれば、
そのような生き方自体がきっと子供たちにも伝わっていくでしょう。

もともと日本の社会では、お隣やご近所、親戚、村や町ぐるみで子供を育てていました。
ゆるやかな絆が作り出す暖かなスペースに身を置くことは、子供だけでなく
親にとっても良い経験となります。昨日まで知らないもの同士だった人たちが、
ソウルファミリーとしてつながり合う、という嬉しい経験を共有できるでしょう。

なお、このような趣旨にご賛同いただける方は、ぜひ託児ボランティアへの
ご登録をお願いいたします。詳しくはお問い合わせください。

実際にタオイストジャパンの主催するイベントで保育・託児システムを利用した方から感想をいただいています。

神奈川県 30代 カウンセラー Iさま

これまで何度も託児サービスを利用してきました。
我が家は3人の子がいるのですが、子どもたちにとっても、毎回、有意義な旅に
なっているのは事実です。大人たちが、ワークを通して、明るく清んだエネルギーになり、
昼休みに子どもたちを迎えに行くと、子どもたちも、明るい笑顔で、出迎えてくれます。

ときには、ご飯が待ちきれなくて、先に食べていることもありますが、
それくらい、大人たちの変化とともに、子どもたち自身も、自立し、
個としての輝きが目覚めていくのがよくわかります。

最初は、母親として、心配もありましたが、実際、預けてみると、
何の問題もなく、子どもたちのコミュニティが出来上がっています。
それは、そこで見守ってくれている託児スタッフの皆様のおかげでもあり、
ワークショップに参加している大人たちの澄み切ったエネルギーとの
共鳴によるものかもしれません。大人と一緒に、子どもたちも魂の成長の旅を
しているのだと、毎回つくづく感じています。

 

群馬県 30代 主婦 Sさま

はじめて女神の集いWSでの託児を経験したのは息子が1歳4ヶ月の時でした。
それまでずっと母子一緒で、一時保育も2、3時間が数回だけでしたので、
ワークショップで丸一日離れるというのはその時の私にとって勇気のいることでした。

「自分の楽しみの為に息子を預けていいのだろうか?」前日までそんな考えがぐるぐる。
今にして思うと笑ってしまいますが、それほどまでに息子一色の世界となっていたのだと
思います。

預けてみて、結果私も自分を取り戻せ、息子も他の人に遊んでもらうという
体験を経てひとまわり成長したように感じます。息子にも、息子の時間というものが
あるのだな。。とその時気づきました。

今ではWSの託児にいる他のお子さんたちとも楽しそうに遊んでいる息子を見ると、
彼の世界が広がり楽しそうなのでこちらも嬉しくなります。託児付きのワークショップ
というものが少ないので、女神の集いの託児スタッフの方々には本当に感謝しております。

 

広島県 40代 薬剤師・フラワーデザイナー Mさま

Dragon Gate Sanctuary 観音マグネティック気功は2015年に、
module1奈良とmodule3長野に参加し、そのどちらも託児をお願いしました。
娘を置いて行くよりも一緒に行くことを選んだのは、シーフーの素晴らしいworkと
その波動、私がそこで満たされているこころをそばで一緒に娘に感じてほしかったからです。

それぞれ10人前後の、日常では出逢えない、たくさんの新しい素敵な
個性豊かなお友達ができて、大興奮でまるで村のような託児をして頂きました。
託児をしていただいたシーフーの奥さま英絵さんとタオイストジャパンのスタッフの
お二人と、ワイヤーの冠やブレスレット、お菓子のネックレスなども手作り提案して
一緒に作ってもらったり、粘土遊びやお絵描き、お外遊びもたっぷりさせてもらいました。

母には毎回みんなで作ってこっそりプレゼントを用意して下さいました。
にこにこ渡されてじぃーんとあったかい心地になりましたよ。
託児を設けてもらえて、なによりいつも子供の顔を見ながら、
一緒に過ごしながらのWorkshopは安心で幸せな時間となりました。

帰ってからも、娘は「◯◯ちゃん、◯◯くんにまたすぐ逢いたいなぁ。
母さん今度はいつ行くの?」と言っています。お手紙も書くそうですよ。
お世話になりました。ありがとうございました!!

X