Mystic Cafe

Scroll Down

Lotus Meditation

with Majnu

ロータスフラワー 覚醒の味わい

with マジュヌ

6 / 9 (火)

JapanTime 20:00 START !

​各回定員15名

(90分ほどを予定しています。お時間に余裕を持ってご参加ください)

今、世界中にコロナ旋風が巻き起こってますね。

 

しかし、これもまた現象の世界ですから、そこには必ずプラスとマイナスの両面が存在しているはずなのです。ですから、この際みんなでこの現象のポジティブな面をクリエイトしてみましょうか。

 

「STAY HOME ! 」という言葉が世界中の合言葉になってますが、瞑想をいそしむ私たちはもう一歩踏み込んで「STAY INNER HOME」という愛言葉にしましょうか。

“HOME IS WHERE THE HEART IS”という歌もあったではないですか。最近いろんな人たちがZOOMを使って瞑想会をはじめてますが、距離という事象を超越するわけですから、あたらしい現象ですね。

インターネットが出てきたときも、最初ちょっと違和感がありましたが、同じような感覚です。しばらくするとこれが普通になっていくのでしょうね。

 

この瞑想会では、最初の30分くらいを参加した方たちと、質門したり、チャットしたり、自由に気楽に「遊び」たいと思ってます。その後、みんなでヴィパッサナ瞑想を45分座ります。

参加費のお支払いは、イベント終了後にご案内いたします。

それぞれの懐具合に応じて、¥0〜¥3000まで、適当だと思われる

金額をお選びいただくようになっております。

​初の試みですので、今後予告なく変更になる場合もございます。

人生とは何か?

人生をいかに生きるべきか?

瞑想とは何か?

瞑想をして得られる効能とは何か?

精神世界(スピリチュアル・ワールド)とは何か?

霊性(スピリチュアリティー)によって

得られるゴールとは何か?

私は何のために生きているのか?

至福に満ちた生とは何か?

真理とは何か?

いったい私はこの人生で何を得たいのか?

私とは誰か?

あなたは、いま、あるがままで、

ほんとうはブッダだ。

あななたが「そうだ」と思おうと、

「そうではない」と思おうと、

その真実は変わらない。

あなたは自由に「宇宙を遊ぶ」ことができる

〜 マジュヌ(Majnu)プロフィール​ 〜

(主に)インド・ゴア在住

アーユルヴェーダ通販サイト サフランロード 代表

1950年頃:この地球に顔を出す。


1970年頃:学生運動に多少染まり、しばらくして大学中退。

インドに行きたかったが、金がないので、沖縄に向かい、与那国島で1年暮らした(ことがなつかしい)。

1975年頃:沖ヨガの門をたたき、会津ヨガ同好会を主宰。

1976年頃 :インドに一人旅。

英語もろくに話せず、海外経験も「地球を歩く」もないので、「インドで死ぬかもしれない」と悲壮な覚悟で飛行機に乗った。インドでは何とか生き延びたものの、行く先々でさんざん騙された(今でもときどき騙されている)。

1980年頃:二回目のインド一人旅。

2年ほどヒッピー放浪をして、インドを満喫した。プーリ(東インド)で、和尚の「草はひとりでに生える」を読んで感動。和尚に会いに行こうと、ぶらぶらアメリカ方面に向かった。

1984年頃:オレゴンのOSHOコミューンに滞在し、弟子になる。

1986年頃:住んでいたニューヨークから再びインドに戻る。

1987~1990年頃:プーナのコミューンで瞑想に励んだものだ。

2000年頃:プンジャジ、マストラルババ、ドラノなどの師たちと出会い、目からうろこが落ちる。

2019年頃:インターナショナル版「ふーてんの寅さん」として、おもにインドのゴアあたりで「宇宙」を遊んでいる。

 

  • オンラインはZOOMを使用します。お申し込みの方にリンクをお送りいたしますので、当日までにダウンロードして、前もって準備をお願いします。