• Taoist Japan

Team Goddess メンバー紹介 【No.6-①】えりこ

こんにちは。

Team Goddessブログ担当のかずみです。

引っ越したり、就職したり、と

いろいろと人生の節目を迎えていまして、

久しぶりの更新となりました!

今日は、えりこを紹介します。

初めて女神の集いに参加した時①


初めて女神の集いに参加したのは2016年。

オーガナイザーのアニータに声をかけてもらって。


当時私はアニータのセッションを何回か受けていて、ブログも読んでいた。

彼女が女神の集いについて書き綴る記事を読み、一体どんな事をやるのかわからない、

けれども不思議に懐かしいような、そして憧れに近いような感覚がやって来て、とても惹かれていた。


アニータの文章は彼女の内側でしっかりと温められて、

彼女の血と肉を通って出て来た香りが漂って来ていて、深いところで胸打つものだったし、彼女も、そして記事で見るタリカもとても強い存在感のある美しい人だった。


けれどもよく分からないものに申し込みする勇気がなかなか出ず、開催の日にちが迫っていた頃にアニータから参加のお誘いを貰って

「これは行かなきゃならないやつだ」と、一も二もなく参加申し込みの返信をした覚えがある。


ワークではとにかく動いた。

死ぬかと思うほどに動いて、動いている自分が楽しくて、久しぶりに思い切り笑った。

身体中が喜びで沸き立って興奮した。

鼻水を垂らしながら友達と意味なく走りまくって遊んでいた子ども時代が

プレイバックして来たかのようだった。


当時の私は、女アラフォー、独身、職業不安定……

世間的な意地悪い視点に自分をはめ込んで、不安の海の中で溺れてあっぷあっぷしていて、とても苦しかった。


そんな状態だったのに、ワーク後には信じられないくらい心身が落ち着いた。

全身がホカホカ暖かく、心が凪のように穏やかで

溺れていた足が電柱の様に太く重くなって、大地の上にどんと乗っていた。

というか、歩いていても立っていても、腰から下が大地の上に座っているかのような安心感だった。


帰りの懇親会では「今日は本当に来てよかった」と何度もアニータに言っていた気がする。


不安でいて良かった、ちゃんと悩んでいて良かった。だからこんなご褒美が来たんだと思った。


そして「この後のシャクティにも参加する」と殆ど躊躇なく口に出してしまった。

どんなワークなのか、何をやるのかほぼ100パーセント知らなかったのに。


パート②へ続きます




タオイストジャパン代表 タリカ 執筆により

週に一回お届けしている メルマガ「Spiritual is Sexy!」

お申込みはこちらから!


【Instagram】https://www.instagram.com/taoist.japan.ig/

【Twitter】https://twitter.com/TaoistJapan

【Facebook Page】https://www.facebook.com/taoistjapan/


#GoddessTrilogy #恋愛 #妊活 #婚活 #更年期 #本当の自分 #女神 #セクシャリティ #GoddessEsoterica #ベビ待ち #妊活中 #愛 #love #ダンス #瞑想 #美容 #健康 #Tarika #結婚 #離婚 #男女 #夫婦 #パートナーシップ #スピリチュアル #女性性 #男性性 #心と体 #セックス #セックスレス #変容 #クリエイティビティ #命 #コミュニケーション #プロセス #生き方 #霊性 #官能 #性 #チネイザン #内臓 #感情 #解放 #シェア #エッグ #エクスタシー #セルフケア #アフロディーテ #錬金術 #野性 #生命 #神秘 #叡智 #チャクラ #シャクティ

4回の閲覧