Mystic Cafe

Scroll Down

〜 トークライブ 〜

夏至の新月の夜

女神が目覚めるとき

with

清水友邦 & タリカ

 

6 /21 (日)

JapanTime 20:00 START !

90分ほどを予定しています。お時間に余裕を持ってご参加ください。

申し込みフォーム上より皆様からの質問や疑問も受け付けております。

 夏至と新月と金環日食の3つが重なる特別な日。

コロナ禍を経て訪れる女神の時代という大きな意識の

流れのターニングポイントを象徴しています。

「女神の時代」をテーマに 清水友邦とタリカ が

時代のスピリチュアリティについて語ります。

#女神 #タントラ #瞑想 #ウィルス #母系社会 #男性原理

ミスティックカフェは皆様のドネーションで運営しています。

参加費のお支払いは、イベント終了後にご案内いたします。

今の懐具合に応じて、ちょうどいい金額をお選びください。

​初の試みですので、今後予告なく変更になる場合もございます。

 

 

清水友邦 Yuho Shimizu

 

          

 

                     

私たちはマインドが創り出す物語に動揺し、恐れて、いつの間にかハートを閉ざしてしまいました。マインドが作り出している偽りの世界を見破るのが女神の智慧です。

男性も女性も内なる女神の智慧を秘めています。ギリシア語で智慧はソフィア(sophia)といい女性名詞です。哲学のフィロソフィー(philosophy)も智慧(sophia)を愛する( philein )という言葉からできています。仏教の智慧を意味するプラジュニャー(般若)もまた女性名詞でした。智慧というのは、東洋も西洋も女性で表されるのです。

智慧(プラジュニャー)が開花することでハートの扉が開きます。

光明はもともと人の本質に備わっているので、自我の壁を取り払えばいつでも光明という光が満ちて暗闇は消えます。覚醒している光明の心が本当の自分なのです。

タリカ Tarika

 

友邦さんとのお話は常にDNAの深淵に沈んだ記憶を旅する「知的冒険の旅」となります。遠い昔、女神が統治する世界は生命の本質をもっとも重視した、戦いのない平和な世界でした。いつ、なぜ、どのようにしてこの男性主導の世界ができたのでしょう。それから3000年あまり、戦いと恐怖の時代が続いています。なぜ私たちは、女神の時代の記憶を忘れてしまったのでしょうか?

コロナウィルスがやってきて、世界は経済システムよりも生命を守ることにシフトしているように見えます。満員電車や息苦しい職場など、「元の生活に戻る」ことに大きな違和感を感じている人たちが大勢いるでしょう。お金がいくらあったとしても、健康を買うことはできないのですから!今がその時、機械的に繰り返されるマインドの輪から抜け出して、生命の本質に目覚める時です。

女神の時代の痕跡をたどって行くことで、私たちの記憶喪失の回復と、生命礼賛の時代へと目覚めて行くことは可能なんでしょうか?

夏至の夜、向こう側とこちら側の扉が開くゆらぎの時間にご一緒しましょう。

清水友邦著書

ナチュラルスピリット刊

〈 覚醒の真実 〉

〈 よみがえる女神 〉

スクリーンショット 2020-06-04 23.45.06.png
スクリーンショット 2020-06-04 23.45.44.png

  • オンラインはZOOMを使用します。お申し込みの方にリンクをお送りいたしますので、当日までにダウンロードして、前もって準備をお願いします。

  • 参加者の方へ: 体験した感想など、こちらのページから直接入力できますので、ぜひシェアしてくださいね!