Deva Tarika

一般社団法人 タオイストジャパン 代表

ユニバーサルヒーリングタオ(UHT)公認

UHTチネイザンティーチャー

UHTインストラクター

無極功 WuJi Gong シニアティーチャー

Dragon Gate Sanctuary

Christopher Lee Matsuo 老師門下​

アユルヴェーダヨガマッサージ プラクティショナー

ハンズオン・ヒーリング

フラワーエッセンス

メイクアップアーティスト

Tarika note へ

Tarika ブログ記事

 

タオの風に導きうながされ、さらさらと流れながら、女神の時代をサポートしています。

1998年から日本のヒーリングスクールで8年間育ててもらい、その後OSHOとの魂の再会後、テイクサニヤスする。

2007年よりワークショップ「タオの叡智・女神の集い」を東京、札幌、新潟、山梨、大阪、広島など日本全国で展開。

2014年よりイタリアでもワークショップ「女神の集い」を提供している。

現在も、タイの謝明徳老師(マスター.チア)の下で古のタオイストの秘密、シャーマニズムの宇宙観を学びながら、それらの古代の叡智を自身の主催するワークショップ〈女神の集い〉や〈チネイザン〉を通して表現し、広く伝えている。

また性エネルギーについての瞑想と理解を深めるため、イタリア人のタントラの師ラダのもと、タントラライフのトレーニングを日本、イタリアで 修了。 ぐっとグラウンディングを深めて、セクシャリティーについての探求を続行中。

すべての女性が、より自然体で美しく輝やいて、そして自信に満ちて人生を謳歌できるようお手伝いをするために、日々学び続けている。 タオ、そしてタントラのメディテーションやエクササイズを取り入れて、存在全体を通して「生命の歓びを受け取る」ことにフォーカスしています。

タオはまた、何も否定せず、全てを受け入れ、流れる水のように高いところから低い場所へと自然に流れていきます。

昨今では、セックスはポルノ的妄想に汚された泥水のようですが、その水を清らかで命に満ちた流れにしていくこと、それが私たちの目指すタオの生命双修の姿です。

タオは古代から続いてきた命のテクノロジーであり、タオと呼ばれる生き方のことなのです。

タオイスト By タリカ 

「タオ=道」。タオは、言葉にするとタオでなくなる、と言います。だから、宗教とは全く無縁です。

あえて私の捉えるタオの翻訳を試みてみれば、無為自然性命双修、と言 えるでしょうか。

例えば日本の、華道、柔道、茶道、みんな「道」です。(ちゃんと習ったことがないので、あくまでも私自身の理解ですが)これらの伝統的な「道」では一つ一つのお作法や、活けた花の中にある宇宙を表現しているように見えます。

 

花は野にあるときの、在るがままの姿がもっとも美しいけれど、人の手が入るときに、花の魂や自然は新しい命を吹き込まれて今ここに転生する、という錬金術で、その手はもちろん、花の在りようを知り抜いた、訓練された熟練の手で、

​花が語る無言の言語に耳を傾けて、花に内在する宇宙の秩序を展開させるのです。

 

タオイスト=道士は、人間や世界は小宇宙で、大きな宇宙の映し鏡だと言います。

身体は魂の乗り物です。魂が独自の表現をするのに、身体という乗り物をどうやって手入れして、どう使うのがいいのかを学び、熟練の技を探求する人たちのことをタオイストと言います。身体の一つ一つの細胞は小宇宙で大宇宙の映しなので、本来全ての叡智が一つの細胞の中に存在しています。実はアカシックレコードは私たちの体内に在る、ということです。

だからあなたは、大宇宙の始まりのことを何一つ知らないかもしれませんが、あなたの細胞の内なる声に耳を傾けたら、実は全てを知っているということです。もしその小宇宙の秩序が乱れた時には、病気や怪我という形をとって、人生に現れるかもしれません。タオイストの技は、その宇宙の秩序を整えようとするものです。

みんな覚えがあると思います。誰にも聞いたこと、教わったことがなくても「そうだ」と思えること。

私たちが無為自然であれば、小宇宙の秩序は保たれ、アカシックの直観知の出現を邪魔立てするものはありません。

性命双修

タオは、在るものを在るがままに在らしめるように、と言います。

「性」、性質、女性、男性、様々な「性」のつく漢字が表しているのは、その「心が生きる」ということです。

「考え」や「行動」が生きるのではなくて、「心」です。

「性」はまた、セクシャリティを表します。心で生きることは、セックスと同じだということです。

いたわり合い、共感しあい、慈しみあい、「あい」は愛であり、双修(二人でする探求)です。性から生まれてくる命、この二つは別々に語ることも、存在することもできません。どんな生き物も、地球上の生きとしいける生命は対極にある二つのものが一つになって、この世に生を受けるのです。命、心、体を三位一体で修めていくこと。自然の、ありのままの姿、無為自然な姿に戻していくところでは心が喜び、タオがあります。

タオはまた、何も否定せず、全てを受け入れ、流れる水のように高いところから低い場所へと自然に流れていきます。

昨今では、セックスはポルノ的妄想に汚された泥水のようですが、その水を清らかで命に満ちた流れにしていくこと、それが私たちの目指すタオの生命双修の姿です。

タオは古代から続いてきた命のテクノロジーであり、タオと呼ばれる生き方のことなのです。

タリカのセッション/クラス