Image by eberhard grossgasteiger

Mystic Cafe

Moon

Mantra

Meditation

with Sandesh

ムーン マントラ メディテーション with サンデシュ

Scroll Down

新しいエネルギーの始まりとなる、新月の夜

満ち足りたエネルギーで充実する、満月の夜

サンデシュとマントラ(真言)ソングを歌い

マントラのエネルギーを味わい、一緒に瞑想します

いつもの慌ただしい日常から、

とても簡単なフレーズを、幾つか繰り返し口ずさむだけで

​不思議なスペースが、あなたに静かに訪れます

🌑 新月 null moon

3月13 (sat)

 

🌕 満月 full moon

3月28日 (sun)

日本時間

20:00 start

90分ほど予定しています

お時間に余裕を持ってご参加ください

参加費/回

¥2,200

 

オンラインはZOOMを使用します。

お申し込みの方にリンクをお送りいたしますので、

当日までにダウンロードして、前もって準備をお願いします。

マントラは「音霊」

 

マントラとはサンスクリット語で、

祈りや瞑想につながる単語を短い音で表したもので、

日本語では「真言」と訳されます。

シンプルで独特な音の響きのヴァイブレーションが身体のうちにこだまします。

言葉の意味は分からなくとも、マントラの音を耳にしたり口から発するだけでも、

不思議な調和がそこに生まれます。

瞑想を楽しむ人たちの間ではポピュラーなマントラシンギング。

部屋にいながら世界と繋がり、宇宙と繋がります。

自分の中で、できる限り最高の歌を歌って、その歌を全身で感じる。

沈黙しているときは、できる限り沈黙し、マントラのエネルギーと沈黙、

そして歌の後の、さまざまに違う質の沈黙がやってくるのを感じてください。

by Sandesh

 

サンデシュ

(Sw Pem Sandesh)

 

1955年 イタリア・ヴェネツィア生まれ

ミュージシャン、作家、瞑想者、神秘主義者

ヴェネツィアとゴア(インド)を行き来する自由なライフスタイルを

妻 Ma Advaita Krisanaと共に楽しんでいる

今はコロナ禍により、イタリアで生活している

15歳からヨガ、スピリチュアリズム、テレパシーのプラクティスを始める。21歳でチベット仏教に入り、24歳でインドに最初の旅をした時、神秘家OSHOに導かれて瞑想の世界へと意識的に入り、スワミ・プレム・サンデシュ(愛のメッセージ)となる。形而上学博士、ホリスティックライフコーチ、レイキグランドマスター、カルナレイキ®、クリスタル、シャーマン、メディテーションマスター、スピリチュアリティに関する本や、マントラのアルバムもリリースしている。

長いあいだ、意識の目覚めと進化、エネルギーのバランスについて、さまざまなテクニックを研究、実践し、深めてきました。現在ではこれらのテクニックを統合し、瞑想グループやセッション、リトリート、マントラのチャントを教えています。また、パートナーのクリサナと共に歩む人生の中で、人と人とのつながりや、アウェアネスの経験から「真実の出会い」についても教えています。

「意識の目覚め、エネルギーバランス、個人の進化のための様々なテクニックを学び、実践し、深化させてきました。私は旅が大好きで、インドと東南アジアの仏教国(日本、タイ、スリランカ、台湾、香港、中国、ラオス、チベット)に、長期間滞在していました。私は人々との出会い、日常生活の中の儀式や宗教的慣習など、地元の文化を尊敬し、探求しています。」by サンデシュ