タオイストジャパンについて

 

無為自然・生命双修

 

女であること、男であること。

社会に出ていること、家庭にいること。

親になるということ、親にならないということ。

出会いと、別れ。

 

膨大な情報が渦まき、西洋的な科学、医学が飛躍的な進歩を遂げました。

けれども、人の気持ちや身体は、それに比べてどれくらい進歩したでしょうか。

きっと、記憶にないほどの遠い昔、人間が今の姿を取るようになったであろう時代から、

それほど変わってはいないのかもしれません。

現代の素晴らしく進歩した科学とテクノロジーは、私たちに多大な恩恵をもたらすと同時に、

輝く未来の夢を見せてくれます。しかしまた、その発展段階においては、物事を、そして人間を

ミクロの目で観察し分断、分析し、断固たる態度で目に見える機械的事実だけを積み重ねて来ました。

それが頂点を極めた今、人々は血の通った普遍的な真実が闇の中に忘れ去られ、

置き去りにされてしまったことに気づき始めて、そのことに疑問を投げかけています。

 

社会、経済が、豊かになればなるほど失われて行く家庭の幸せ、隣人との繋がりや寛容な心、

恋人同士の語らい、若者の夢や希望、大自然と寄り添いながら生きること性と生命の神秘なること、

未知なるものへの崇敬と畏怖の念。だからと言って、遠い昔に回帰することを、

私たちが望んでいるかといえばそうではないでしょう。

 

人間の「生きる力」「考える力」を本当に進化させて、真の幸福をもたらすには

両方をバランスよく乗りこなして行くことが求められています。

私たちが暮らすこの東洋の地では、つい最近まで大自然を神として崇め、畏れ、敬い暮らして行くと同時に、

そこから様々な叡智を授かって、連綿と受け継いできました。

 

薬草の知識、民間の医療、マッサージ、星の運行による農耕、月の満ち欠けと感情の起伏や、人間の誕生と死。

古のタオイストたちは、地球上に存在するすべてのものは大宇宙とつながっており、人間の内面、

身体の働きなどもまた、大宇宙の姿の写しである、小宇宙なのだということを知っていました。

その叡智から生まれたのが、タオイストの様々な修養(プラクティス)です。

タオイストの教えは、何千年ものあいだ秘密裏に師から弟子へと語り継がれてきました。

永遠ともいえるような時を超えて、私たちの手の届くところへとやってきたタオイストの教えは、

大地にしっかりと根を下ろした形で、現代的な狭い視野と、

作られた限界をやすやすと超えていく術に満ちています。

健康で活気に満ちた身体は、安定した思考や感情をもたらし、

私たちの夢や希望が現実世界に形を取ることを助けてくれます。

 

一般社団法人タオイストジャパンでは、自分自身の生命、心と身体を知ることを通して、

神秘と謎に満ちた生命と宇宙とつながり、この多忙な現代社会において

生きることの目的や喜びを見つけるためのワークを紹介し、日々の暮らしを喜びに満ちて、

エネルギッシュに送っていけるよう、継続した学びをサポートしていくことを目的として設立されました。

 

生きづらい気持や、迷いがある人が、人生に喜びと「道」を見出せますように。

人生が「気」で満ちたものになりますように。

タオ=道

タオとは、自然の摂理、宇宙の運動の法則そのものです。

タオは、言葉にするとタオでなくなる、と言います。だから、宗教とは全く無縁です。

私たちの認識をあえて言葉に直すと、無為自然、性命双修、と言 えるでしょうか。

 

日本の華道、柔道、茶道、みんな「道」タオです。これらの伝統的な道では

一つ一つのお作法や、活けた花の内なる宇宙を表現しているように見えます。

 

例えば花を例にとってみると、花は野にあるそのままの姿がもっとも美しいけれど、

花を知り抜いた熟練した人の手が入るときに、花の魂や自然は今ここに転生して、

新しい命を吹き込まれます。その手が、​花の語る無言の言語に耳を傾けて、

花に内在する宇宙の秩序を展開させるのです。​

 

タオイスト=道士は、人間や世界は小宇宙で、大きな宇宙の映し鏡だと言います。

身体は魂の乗り物です。魂が独自の表現をするのに、身体という乗り物をどうやって手入れして、

乗りこなすのかを学び、熟練の技と叡智を探求する人たちのことをタオイストと言います。

身体の一つ一つの細胞は小さな宇宙であって、大宇宙の映しなので、

本来全ての叡智が一つの細胞の中にホログラムのように存在している、

実はアカシックレコードのようなものなのです。

だからあなたは、大宇宙の始まりのことを何一つ知らないかもしれませんが、

あなたの細胞の内なる声に耳を傾けたら、実は全てを知っているということです。

もしその小宇宙の秩序が乱れた時には、病気や怪我という形をとって、人生に現れるかもしれません。

タオイストの技は、その宇宙の秩序を整えようとするものです。

みんな覚えがあると思います。

誰にも聞いたこと、教わったことがなくても「そうだ」と思えること。

私たちが無為自然であれば、小宇宙の秩序は保たれて、

命の直観知が出現するのを邪魔立てすることはないのです。

 

性命双修

タオは、在るものを在るがままに在らしめるように、と言います。

「性」、性質、女性、男性、様々な「性」のつく漢字が表しているのは、

「心が生きる」ということです。

「考え」や「行動」が生きるのではなくて、「心」です。

「性」はまた、セクシャリティを表します。

心で生きることは、セックスと同じだということです。

いたわり合い、共感しあい、慈しみあい、「あい」は愛であり、

双修(二人でする探求)です。

性から生まれてくる命、この二つは別々に語ることも、存在することもできません。

どんな生き物も、地球上の生きとしいける生命は

対極にある二つのものが一つになって、この世に生を受けるのです。

命、心、体を三位一体で修めていくこと。

自然の、ありのままの姿、無為自然な姿に戻していくところでは心が喜び、タオがあります。

タオはまた、何も否定せず、全てを受け入れ、流れる水のように高いところから低い場所へと

自然に流れていきます。

昨今では、セックスはポルノ的妄想に汚された泥水のようですが、

その水を清らかで命に満ちた流れにしていくこと、それが私たちの目指すタオの生命双修の姿です。

タオは古代から続いてきた命のテクノロジーであり、タオと呼ばれる生き方のことなのです。

Deva Tarika

 

一般社団法人 タオイストジャパン 代表

ユニバーサルヒーリングタオ(UHT)公認

UHTチネイザンティーチャー

UHTインストラクター

無極功 WuJi Gong シニアティーチャー

Dragon Gate Sanctuary

Christopher Lee Matsuo 老師門下​

アユルヴェーダヨガマッサージ プラクティショナー

ハンズオン・ヒーリング

フラワーエッセンス

メイクアップアーティスト

Tarika Official site ”Spiritual is Sexy !"

Tarika note へ

Tarika ブログ記事